ブログ

副交感神経アップすると幸せになる!?

こんにちは。

杉澤です。

今回は

副交感神経アップすると幸せになる!?

についてです。

さて皆さんは

交感神経副交感神経はご存知ですか??

o0400030012958263666

交感神経とは?

運動をしている時、私たちは興奮している状態となります。
この時、心臓の拍動数は早くなり、汗が分泌されるようになります。
体を活発に活動させる時に働く神経が交感神経です。

交感神経は「闘争と逃走の神経」と呼ばれています。

闘争として相手と戦う時、体は緊張して心臓の鼓動は早くなり、血圧が上がります。
相手をよく見るために瞳孔は散大し、呼吸は激しくなります。
同じように、自分を狙う相手から本気で逃げる時も体は興奮した状態となります。

体が活発に活動している時を想像すれば、交感神経が興奮した時の働きを容易に想像することができます。

副交感神経とは?

「副交感神経は交感神経の逆の働きをする」
と考えれば良いです。

交感神経は運動時などの興奮した時に活発となるのに対して、
副交感神経は体がゆったりとしている時に強く働きます。

例えば、食事中は気分を落ち着かせて食べるのが基本です。
睡眠中も同じように体を休めている状態です。

このように、食事中や睡眠時など体を落ち着かせている時に強く働く神経が副交感神経です。

これら体を休めている時の状態を想像すれば、
副交感神経がどのような働きをするかを容易に理解することができます。

例えば食事をしている時、胃酸がたくさん分泌されて腸の運動は活発になります。
副交感神経が興奮することにより、食物の消化に関わる機能が活発になります。
また、副交感神経は交感神経と逆の働きをするため、心臓の機能は抑制されます。


良かった本に出会ったので紹介しますね〜

414t718FZWL._SX350_BO1,204,203,200_

*amazonのリンクに飛びます。

私もこの内容はほぼ理解はしてましたが。

自分自身は逆でしたね〜

「いかに行動を速めて動くか?」

しか考えてなかったというか体に身についてしまってますね。

「ゆっくり動く」

この本では

「ゆっくり動く」

事の重要性を終始書き連ねています。

早速私もやってみてますがいいです〜♪

私が感じたメリット

イライラしない

待っていても気にならない

思考がスッキリする

現代の日本は全てが効率化され過ぎていてビジネスマン、社会人は時間に追われていますよね。
プライベートになっても同じ状態が抜けない。

最近のトレランブーム、森林浴、登山ブームも人間の体が
この状態がおかしいと感じ始めているという事ではないでしょうか。

IMG_3876

青梅高水4

やはり人間らしくないという事ですよ〜

気づいた人は始めています。

私も最初はさすが「ゆっくり」がきついかったですが
慣れてくるとこっちの方が良い感じです。

いつも忙しがっている方々も様々な気付きや見えてくる事があると思います。

皆さんも取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る