ブログ

対戦相手の動きを“予測すること”と“反応すること”

こんにちは。

高橋です。

格闘技やテニスなどの対戦相手と戦う競技においては、
相手の動きを予測することは非常に重要だと思います。

Karate01

では、どうしたら相手の動きを予測でき、反応良く動けるのでしょうか。

剣道や空手といった一瞬の攻防で勝敗が決する競技の選手は、
相手選手の動作を予測して、動作を素早く選択し開始する能力が
非常に重要です。

相手の攻撃に対して,
防御をするのか、それともカウンター攻撃を仕掛けるのか、
多様な選択肢の中から最適なものを瞬時に選択しなければなりません。
試合で勝利するためには、これらの能力の向上が必要となります。

熟練者は自身の経験や知識を基に、相手の動作や環境から
次に起こりうる展開の予測を早い段階で正確に行えるため、
より早く反応選択を開始できます。

mind01

では、対戦相手より経験が浅い場合はどうしたら良いでしょうか?

一生懸命、対戦相手がどのようなことをするかを
頭で考えていませんか?

実は、これは悪い結果を招くことがあるので注意してください。

身体を動かしながら頭を使う(考える)ことは、
どんなスポーツや格闘技でも一番大事なことへの
集中力が低下します。

テニスで言えば肝心なボールを打つことに集中できなくなるとか、
身体の動きが悪く(遅く)なるのです。
反応が悪くなると言うことです。

頭で考えながらやることが全て悪いとは言いません。
自分で何かを確認しながらプレーしたい時もあるでしょう。

しかし、一瞬の攻防で、プレーにおける最高の選択をしたい時は、
頭(心)を無にして集中することが良い動きを生みます。

『戦いは何が起こるかわかりません』

Samurai original ink painting art

 

普段のトレーニングや経験・知識の上積み以外に
動きを速くする方法はないのでしょうか・・・

あります!

経験や知識の差を埋める良い音声があります。

『Brain Structure』です。

この音声を聞くだけで、
脳の処理速度が速くなり、反応が良くなります。
心も落ち着くようになるので冷静に素早く対応できます。

これはコンマ何秒を争うスポーツや格闘技では重要では
ありませんか?

この音声は勘も鋭くなり、ヒラメキも起こりやすくなります。
勝負の場においてとても効果を感じられます。

『Brain Structure』は、
脳の処理速度を上げる速聴音声と
心を落ち着かせる瞑想音声の二つからできています。

元はビジネスシーンでの成功を目指して作られたものですが、
スポーツにおいても高い効果を発揮することが
多く見られるようになってきました。

ご興味がある方は是非この機会にご購入ください。

『Brain Structure』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る